【海外】紅茶ブランド一覧まとめ

ウィッタード(Whittard)ってどんな紅茶ブランドなの!?

更新日:

whittard出典:Kake

スポンサーリンク

ウィッタード(Whittard)とは!?

世界中にたくさんある紅茶ブランドのうち、私たち日本人が把握しているブランドはすべてでなく、世界には、ついこの間まで知られていなかった紅茶ブランドがまだまだ沢山あります。

ウィッタードと呼ばれるイギリスの紅茶ブランドもその一つであり、知名度を上げたのは、ほんの数年前からで、それ以前は、一般の人にはあまり知られていないブランドの一つでした。

1886年に、ウィリアム・ウィッタードが作ったこのブランドは、それなりに伝統あるブランドの歴史を持つにも関わらず、日本での知名度が今一つだったのは、日本にブランドの支店がなかったことと、日本語に対応した通販体制を敷いていなかった(つまり、何かトラブルがあった時のやり取りが英語になる)こと、そして2008年に一度経営破たんをしてしまって、つい最近まで経営体制を再建・再編していたことなどがあげられます。

現在では、赤坂に支店を構え、2012年末に日本語版のオンラインショップを開設して、通販体制も整えたようですが、このブランドの特徴としては、イギリスの紅茶ブランドにもかかわらず、フランスの紅茶ブランドのようなフレーバー系の紅茶をお菓子などのスイーツ系と併せて販売していることをウリにしている点で、このことが今日、スイーツ好きの女性層に好評で、ネットにも肯定的な意見が目立って、知名度を上げているようです。

とりわけこの紅茶ブランドは、紅茶の香りを重視しているようで、缶を開けた瞬間に、その特徴的な香りによって、これに鷲づかみされた人にはとても記憶に残って、リピーターとなるようです。

そしてもう一つの特徴はイギリスの紅茶ブランドらしいもので、なんとティーバッグが二種類(日本でなじみ深いひも付きと、英国でトレンドのひもなし)あって、本場のティーバッグを楽しめるのです。

リニューアルされてから、このブランドは女性の購買層を意識しており、パッケージを女性向けのカラフルなものにするなど、デザインを重視したコンセプトを行っており、新たな紅茶ブランドとしての台風の目となるかもしれません。

海外紅茶ブランド

ベノア(Benoist)
ジャンナッツ(Janat)
トワイニング(Twinin)
エディアール(Hediard)
クリッパー(Clipper)
ウェッジウッド(WedgWood)
マリアージュフレール(Mariage Freres)
ハロッズ(Harrods)
ディルマ(Dilmah)
ウィッタード(Whittard)
ブルックボンド(Brooke Bond)







-【海外】紅茶ブランド一覧まとめ

Copyright© おすすめ紅茶ちゃんねる , 2018 All Rights Reserved.