ルイボスティーの飲み方!効果と効能や必要とする人は!?

ruibosu

スポンサーリンク

ルイボスティーとは!?

ルイボスティーとは、南アフリカのごく一部で収穫される「ルイボス」と呼ばれるマメ科の低木樹の葉を、発酵させて抽出した健康茶であり、ルイボスはオランダ語で、赤い(rooi)藪(bos)という意味である。

色は紅茶色をしていて、発酵茶ということもあってか、現地の人々はルイボスティーを紅茶扱いとして、名付け親である入植者のオランダ人は、ルイボスティーを紅茶の代用品として常飲し、主にミルクティーにして飲んでいたようである。

ヨーロッパをはじめとした世界中では、すでに20世紀初頭から比較的知られていたルイボスティーであるが、日本にやってきたのは数十年前のことで、さらに注目されるようになったのは、美容と健康ブームが女性の間で広まったのはごく最近です。

ほうじ茶のような味わいとコクや苦みのない飲みやすさ、さらにはノンカフェインで妊娠中の女性でも気にすることなく常飲できるということもあって、人気になりました。

ルイボスティーに用いられるルイボスの葉は、現在100パーセント輸入に頼っているが、これはルイボスの栽培条件が非常に厳しいためで、現在の技術では日本で最愛することは不可能である。

希少種から採取しているために、価格は最低でも1000円以上であり、流通方式によっては1万円近くする商品も存在しているので、最初は1500~2000円で購入できるお試しセットで自分に合うかどうかを試してみることをオススメします。

>>> 【送料無料】ルイボスティーお試しセット

ルイボスティーの効能

ルイボスティーの効能にはまず、従来の紅茶と異なってカフェインを一切含んでいないので、カフェインに敏感である乳幼児や妊娠中の女性でも安心して飲める点があげられます。

通常のお茶には大抵カフェインが含有されており、1日250ミリグラム以上のカフェインを摂取すれば睡眠障害などを発生してしまうので、時間を気にせずルイボスティーは飲むことができます。

次に、ルイボスティーが栽培・収穫されている南アフリカ西部の高山地域は鉱山資源がとても豊富であり、ルイボスティーにはカルシウムやマグネシウム、ナトリウムといった多種のミネラル成分を豊富に含まれており、

上記のノンカフェインという利点もあって、比較的容易にミネラル補給が可能で、日頃不足になりがちな一日に摂取しなければならないミネラルの規定補給量を、このルイボスティーによって補えることができます。

また、ルイボスティーにはSOD(スーパー・オキサイド・ディスムターゼ)と呼ばれる活性酸素分解酵素を豊富に含んでいるために、体内の抗酸化作用を助ける効能もあります。

人間の体内の抗酸化能力は、25歳から低下し始めて、40歳を過ぎると急激に低下するため、高い抗酸化作用を持つSODを手軽に補給できるルイボスティーは、有能な健康茶と言えるでしょう。

ルイボスティーの効果
豊富なミネラルと強力な抗酸化作用、そしてノンカフェインによって時間に関係なく、安定した補給ができるルイボスティーによって、私たちの体には驚くべき効果がもたらされる。

一例として、高い抗酸化作用によって腸内細菌が活性化して善玉の割合が多くなり、加えてミネラルの一つであるマグネシウムによって腸内水分が増大して、便秘が大幅に改善される。

この高い抗酸化作用と豊富なミネラルの補給には、上記のほかにも様々な体内の改善効果を発揮されていて、抗酸化作用は、体内の免疫力の強化によるアトピーや花粉症などの様々なアレルギー疾患の緩和、老化体質を改善するアンチエイジング、脂質の酸化防止による加齢臭(ノネナール)の抑制、そして肝機能の強化による二日酔いの改善などが挙げられ、一方のミネラル補給は、便秘改善以外にもビタミンなどの同時補給による美肌効果や、増毛効果、生殖機能の回復などの各種体質の改善効果が見られる。

また、抗酸化作用をもたらすフェノール類にはストレス軽減の効果があり、薬にも配合されている有効成分が豊富に存在しているので、ストレス緩和はもちろん、安眠促進の効果もある。

ただ、ルイボスティーを大量に服用すると、肝機能に障害が出やすいという報告もあがっているので、不必要にガブ飲みするのは好ましいことではなく、適切適量な服用が望ましい。

>>> 【送料無料】ルイボスティーお試しセット

ルイボスティーとダイエットについて

ルイボスティーが近年注目されるようになった大きな理由の一つとして、女性の悩みの一つであるダイエット効果に非常に有効であると、テレビや雑誌、ネットなと各種メディアで喧伝されたことにある。

ルイボスティーのダイエット効果は、上記に挙げた効能や効果などがドミノ効果によって体の代謝面が著しく改善することで、体本来の機能が再活性された結果に依るところが大きい。

SOD(スーパー・オキサイド・ディスムターゼ)による高い抗酸化作用や、マグネシウム・ナトリウム・カルシウムなどの各種豊富なミネラルによるフリーラジカル現象によって引き起こされる体内の体質改善とアンチエイジングは、体を若返らせるだけでなく代謝機能も改善・活性化させるので、体内のカロリー消費が増大して残存していた余分な脂質を著しく消費・燃焼させるので、非常に効率良い、しかも健全なダイエット効果が実現できるというメリットが期待できるようである。

健全なダイエットは栄養を大きく取り込んで、高い代謝によって改善することが肝心とされているので、ルイボスティーを服用するとその二次効果として、高いダイエット効果が働くのである。

そのために、ルイボスティーを服用してのダイエットは、ルイボスティーを服用したうえで、日々の食事を適切に摂取して、スポーツなどで汗を流すことで初めて実現するものである。

>>> 【送料無料】ルイボスティーお試しセット

ルイボスティーと妊娠

ruibosu3ルイボスティーの効能もあって、無事にめでたく妊娠してからも、ルイボスティーは妊娠中の女性の心強い味方となってくれるので、引き続き適量を守って常飲し続けると良い。

ルイボスティーはノンカフェインであり、妊娠中の女性が情緒不安になりがちなストレスが発生しにくく、また抗酸化作用がストレスの要因でもある活性酸素の抑制に効果をもたらす。

ただし、ストレス要因の悪玉扱いの活性酸素自体は、白血球などの免疫機能や妊娠に必要な排卵・受精・細胞分裂とアポトーシスに必要不可欠な物質であり、勘違いしてはいけない。

ルイボスティーが妊娠中の女性の心強い味方となりえるのは、ノンカフェインや抗酸化作用によるストレス軽減効果のほかにも、豊富なミネラル成分がそのまま胎児へのミネラル補給につながっていることであり、女性の食習慣によっては不足しがちの鉄分や亜鉛、希少金属なども補えるため、食事摂取だけではどうしても補いきれない場合に奥の手としてルイボスティーを常飲することで、胎児へのミネラル補給バランスを安定供給できるのである。

ルイボスティーにはさらにアレルギー疾患に対する過剰反応の抑制効果もあるので、妊娠中はアレルギーに対する薬が服用できないので、ルイボスティーを代用して緩和させるという方法が使える。

また、最近は妊娠中でも美容を心がける女性が増えて、ごく当たり前になりつつあるが、肌荒れや吹き出物の原因となりやすい便秘にも、ルイボスティーのミネラル成分が有効に作用する。

ただ、ルイボスティーの数少ない欠点として微量のタンニン(紅茶に対して20:3ほどなのだが)が存在していて、これは少なからず母体から胎児への鉄分の供給を妨げるので、ルイボスティーのガブ飲みは禁物である。

>>> 【送料無料】ルイボスティーお試しセット

ルイボスティーと不妊について

ruibosu4ルイボスティーで不妊が治るという情報が最近巷駆け巡っているが、調べてみると、決して眉唾物でも都市伝説の類でもなく、極めて科学的な理由から出された情報のようである。

近年の研究で、いくつかある不妊の要因の中に、活性酸素によって男女の生殖機能の老化や劣化が発生するということが判明してきていて、悪化すると無精子症や子宮内膜の悪化を招くという。

卵子や精子には適齢期があり、それを過ぎると老化を始めて不妊が起こりやすくなると、最近メディアがさかんに(遅すぎた感もあるが)広報するようになったので、活性酸素が精子や卵子の老化に拍車をかけることは容易に把握できるであろう。

そこで有効となってくるのが、ルイボスティーに多く含まれているとされるSOD(スーパー・オキサイド・ディスムターゼ)であり、その高い抗酸化作用によって、「子宮内がフカフカになる」とまで評されるほどの驚異的な生殖機能周辺のアンチエイジング力に加えて、ノンカフェインで特段目立った副作用がほとんど報告されていないことから、不妊症に悩まされる女性たちから特効薬のようにありがたがられている飲み物となっているのである。

もっとも、SODは元々体内で生産されている酵素であり、ルイボスティーだけを摂取して一安心ではなく、活性酸素を減らして抗酸化作用が増大するような生活習慣や食習慣を行って、ルイボスティーの効力を高める必要がある。

食品添加物やタバコなどの刺激物を極力減らし、動物性脂肪の高い肉食中心の食生活から、抗酸化物質であるビタミンの多い野菜類を多く摂取する食生活、そして適度な運動(息苦しくならない程度)による活性酸素の減少に努める必要がある。

ルイボスティーによる不妊治療を目指すのであれば、ルイボスティーを常飲すると同時に日々の生活の質も併せて向上させることが、より高い生殖能力の回復のカギとなるのである。

>>> 【送料無料】ルイボスティーお試しセット

ルイボスティーと母乳

ruibosu2ルイボスティーは、不妊や妊娠中だけでなく、出産後の女性の子育てにも良い結果をもたらし、中でも幼児に授乳する母乳の品質を飛躍的に高めるという、優れた効果を発揮する。

ルイボスティーに含まれるミネラルは、出産後も飲み続けた場合は体内で作られる母乳にも蓄積されるので、自身の母乳を通じて豊富なミネラルを乳幼児に安定供給することができる。

また、授乳を始めたばかりの女性が陥りやすい母乳の出が悪くなる(急性うっ滞乳腺炎)の原因の一つである、高脂質・高カロリーの食事を見直したうえでルイボスティーを常飲すると、母乳の詰まりをよくせいすることができる。

ルイボスティーのSOD(スーパー・オキサイド・ディスムターゼ)によって体内の抗酸化作用が高まり、代謝がよくなって脂質とカロリーが燃やされるので、母乳の粘り気が少なくなりサラサラとなめらかなものとなるからであるが、ここで注意しておきたいのは母乳の量が多くなるのではなく、あくまで詰まることのない品質の良い母乳が作られやすいということであるため、母乳が多く出すぎて困るという悩みを持つ女性がルイボスティーを常飲しても、全く問題はない。

そのほかにもノンカフェインであるので、当然、母乳には悪影響はほとんどないが、微量のタンニンや輸入品の宿命である残留農薬などの問題があるため、手放しで喜べない部分もある。

ルイボスティーは母乳の質を高め、良い効果をもたらすが、肝心なことはルイボスティーにすがるのではなく、ルイボスティーを服用しつつも、体と心を健全に保つことであり、それがよい授乳環境を生み出すのである。

また、自分の好みや体質がルイボスティーに合わなかった場合は、無理に飲み続けるようなことをせず、同じような効き目を持つ食品の接種を心がけるなど、別の手段を模索することが肝心である。

>>> 【送料無料】ルイボスティーお試しセット

スポンサーリンク


URL :
TRACKBACK URL :

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.