紅茶の基礎知識まとめ

アールグレイの秘められた効能について解説してみた!

更新日:

glaykounou

アールグレイとは?

アールグレイという言葉は、紅茶に詳しくない人でも、紅茶に関係がある名前と連想ができるほど、認知度の高い言葉です。

アールグレイは、紅茶の茶葉にイタリア原産のベルガモットと呼ばれる果実の香りを添加させたものです。

従って、ジャスミン茶と同じフレーバーティの一種です。

スポンサーリンク

アールグレイに規定はあるの?

アールグレイの規定には、ベルガモットの香りさえ入っていれば、どんな紅茶の茶葉でも問題ないとされています。

そのため、アールグレイの効能は、茶葉の種類が異なることで、多少なりとも差分が生じることは確実で、

差分を全て列挙していては、キリがありません。

ですからアールグレイの効能に関しては、共通点であるベルガモットの香りの効能を表記することにします。

アールグレイに添加されているベルガモットは、精油、もしくは香料の状態で添加されています。

このベルガモットは他の香りとの相性が良く、アロマ界では定番と呼んで良いほど、よく使われています。

アロマ効果としてのベルガモットの効能は、鎮静作用によるリラックス効果です。

芳香成分のモノテルペン炭化水素類のリモネンや、エステル類の酢酸リナリル、モノテルペンアルコール類のリナロールは、いずれも鎮静作用をもたらします。

アールグレイもベルガモットの香りが添加されているために、気を落ち着けたいときに飲用すると、リラックスの効果が期待できます。

また芳香成分の1つであるリモネンには、血流を増加させて体を温める効果があります。

この効果によって血流が増大して、腸運動が活性化して下痢などの症状や、冷え性の緩和に役立つと言われています。

つまりアールグレイを飲むと、リラックス効果に加えて、体を温めたり、調子がよくなることが期待できるわけですね。

さらに、ベルガモットの精油のみに存在する効能があります。

大腸菌などの、細菌類に対する高い抗菌作用があるのです。

実際にフランスなどでは、抗生物質の代わりにベルガモットの精油を治療に用いることもあるそうです。

アールグレイに精油としてベルガモットが添加している場合は、こちらの効能が期待できますね。

最後に、ベルガモットに含まれるヒドロキシメチルグルタリルフラバノン(HMGF)と呼ばれる酵素について書いておきましょう。

この酵素は心臓病に対して有効に作用する効果が、研究によって証明されています。

アールグレイには、心臓病への効果も期待できるようです。

いろいろと効能について書いてきましたが、実はこれらが全てでは、ないかもしれません。

アールグレイやベルガモットの研究は、まだ完全には究明されていません。

そのため将来、もっと多くの効能が見つかっているかもしれないのです。

-紅茶の基礎知識まとめ

Copyright© おすすめ紅茶ちゃんねる , 2019 All Rights Reserved.