紅茶の基礎知識まとめ

妊婦さんの正しい紅茶の飲み方を解説!

更新日:

kouh


よく耳にする「カフェイン」。

紅茶に限らず、コーヒーや栄養ドリンクにチョコレートにも入っている成分ですが、カフェインは摂りすぎると良くないと、昔から言われてます。

コーヒーや紅茶・緑茶など私たちの生活には欠かせない飲み物にはカフェインが入っているものが多いです。眠気覚ましや集中量アップそれに利尿作用などなど。

身体に良い成分も多く含まれているカフェインですが、デメリットももちろんあります。

摂り過ぎると胃液の分泌が増え、胃痛の原因になってしまいます。

妊娠中はカフェインを摂取しすぎると、よくありませんので紅茶・コーヒー好きの妊婦さんには辛い時期かもしれません。

妊娠中のカフェイン摂取は胎盤を通して胎児へ送られてしまう為、肝臓がまだ未熟な赤ちゃんにはカフェインを排出しきれないのです。そのため、赤ちゃんにはとても負担がかかってしまい胎児の発育障害に影響が出ると言われています。

カフェインを含む飲料が好きな妊婦さんには辛い時期ですが、赤ちゃんのことを優先し控えましょう。

ただ、カフェインを絶対に摂取してはいけない!過度に思い込みご自身にストレスを感じるのはもっと良くないです。

それだったら少量だけ摂ってストレスをなくす方が母体にも赤ちゃんにも負担が少ないそうです。ただし飲み過ぎはいけないので過剰摂取にならない様にしてあげましょう!!

世界保健機関(WHO)では1日のカフェインの摂取量は400~450gが妊婦や高血圧症などの方にも悪影響を与えないとされています。

紅茶の茶葉自体ではカフェイン量はコーヒーより多いのですが、お湯に入れて飲む状態になるとカフェインの量はコーヒーの方が実は多くなるのです。

紅茶はカップ一杯の約200mlに換算するとだいたい40mgです。なので紅茶だと1日10杯程度まで。コーヒーになるとカフェイン量が増えるので5~6杯まで。玉露だともっと少なく2杯まで。が1日に飲める量だそうです。

このように飲み物によってもカフェインの量も違いますし、抽出の仕様によって換算量は変わるので高血圧や妊娠中の方は特に注意してあげましょう。

妊婦さんや高血圧の方、ストレス社会で胃が弱っている方などにカフェインの入っていないハーブティーやとうもろこし茶に米茶など、近年ではさまざまなカフェインの入っていないノンカフェインティーが人気を得ています。

カフェインを多く含む紅茶やコーヒーにもノンカフェインタイプの紅茶・コーヒーが出てきたりと人気沸騰中のデカフェティーは大人から子供まで幅広く飲めるのが人気の理由です。

そんなカフェインを多く含まないノンカフェインティーなら身体の負担になることもあるカフェイン量も気にせずに飲むことができます。

ノンカフェインティーと聞くとハーブティーなどを連想させますが、日本でとても身近なノンカフェインティーといえば夏のポピュラーな「麦茶」もその1つですよね。

個人的に良く飲むのはハイビスカスティーやカモミールティーなどいわゆるハーブティーですが。

ハーブティーはリラックス効果が高く、効能もハーブによってさまざまです。ぜひお気に入りのハーブで香りやフレーバーを探してみてくださいね。

でも、ハーブティーは苦手。という方は、やはりオーソドックスな紅茶を飲みたいと感じますよね。

胃薬や痛め止め薬など飲む時にはやはりカフェインの多い紅茶はあまり飲み過ぎても良くないなぁと思ったり。

でもそういうとき程、普段から飲み慣れている味がいいなぁと思いませんか?わたしは紅茶がお茶の中で一番好きで飲みやすいというのもあるのですが。

そんな時はカフェインだけを特別な抽出除去を行ったノンカフェインティーを飲みます。ノンカフェインティーは紅茶特有の香り・渋み・味も控えめになっているのでお子様など渋みが苦手な人にも飲みやすく人気も高いです。

紅茶専門店や場所によっては大型スーパーなどにも置いてあったりと以外に身近なところで購入できます。好みによってさまざまな紅茶やハーブティーを選んであげることでストレスも軽減でき身体にも良いです。

ダイエットなどたくさん飲みたい方などはこの機会にさまざまなノンカフェインティーでたくさん摂るのもいいかもしれないですね。

-紅茶の基礎知識まとめ

Copyright© おすすめ紅茶ちゃんねる , 2019 All Rights Reserved.