紅茶の基礎知識まとめ

紅茶におけるティーセットの存在は縁の下の力持ち??

更新日:

6KMTxNuhduiHq紅茶の世界では、数々のティーセットが時に目立たない力持ちとして、時に大胆なパフォーマンスをするものとして、ティータイムを演出します。この記事では、四つの茶器をステージに上げて紹介させて頂くことにします。

まず、ティーカップとソーサー。その豪華な装飾や特徴的な色合いは見る者を引き込みます。

ブルーの美しさでは『ウェッジウッド』や『マイセン』が有名ですね。また白一色のバロック調のリチャード・ジノリ『ヴェッキオホワイト』など逸品をあげれば時間がいくらあっても足りませんね。

そんな一見自己主張が強い道具ですが、主役が紅茶であるというのを忘れてはいない模様(笑)

カップの底が大抵白いのは紅茶の水色(すいしょく)を見やすくするため、広く浅く作られているのは紅茶を冷まして味と香りを際立たせるためなのです。

次に、砂時計とティーコジーです。ティーコジーは、ポットを覆う布状のカバーです。この二つをつなぐキーワードは時間です。紅茶の色と香りを決める大切な要素は抽出の時間ですが、その「待ちの時間」に華を添えるのが砂時計です。

ほかのティーセットに合わせてアンティークなものにするのも、お気に入りの色の砂に癒しを求めるのもいいかもしれません。ティーコジーの機能はなかなかあなどれません。

冬場はもちろんのこと、夏の室内の冷房の下での保温性も抜群です。それは、ティーポットをいわば幸せなお茶の時間をぐっとのばしてくれる「魔法のランプ」に変えてくれます。

今は、手に入るティーセットの数も種類も豊富ですが、その中から自分だけのお品との運命的な出会いが訪れますように。

-紅茶の基礎知識まとめ

Copyright© おすすめ紅茶ちゃんねる , 2019 All Rights Reserved.