紅茶の基礎知識まとめ

ブレンドティーってそもそも何がブレンドされてるの?

投稿日:

y0iEqJVFAWカフェでよく見かけるブレンドティ。

さまざまなブレンドティがありますが、そもそも「ブレンドティって?」「ブレンドって何がブレンドされるの?」と、一度は疑問に思ったことはないでしょうか?

まずブレンドティとは2つの意味があります。

1つは「1種類以上の茶葉を混ぜたものは全てブレンドティ」。
カフェで見るさまざまなブレンドティはこちらですね。
そもそもこのブレンドティには厳密な定義が無いのです。
つまり、同じ時期に収穫した同じ産地の茶葉以外を混ぜたものはすべてブレンドティになります。
アッサムとダージリンを混ぜたり、ドライフルーツを入れたり近年はさまざまなお茶の種類がありますがほとんどがブレンドティではないでしょうか?

もう1つは意外に知らない方が多い「品質や値段の基準」
紅茶というのは名前が産地になっておりますが、例えば有名な「ダージリン」はインドのダージリン産地で収穫したものは「ダージリン」紅茶となります。
紅茶は産地によって異なり同じ産地で収穫されていても収穫時期や茶葉のグレードによって同じ産地で採れたものでも味や値段は異なりますよね?
さまざまなブランド紅茶は、売る側も買う側も「同じ製法・栽培で味も値段も違うものになっては困りますよね?
そこでいつでも、同じ味の茶葉を同じ価格で作るためにはじめたのが、「ブレンドティ」。
同じ産地でも違った茶園の茶葉をブレンドすることにより、品質と価格を各基準に合わせ安定した茶葉をブレンドしたものが「ブレンドティ」のはじまりなのです。
紅茶ブランドによってはこの基準というものは違いますが、収穫時期やグレードがありそれをプロの方が仕分けをし、ランク別にします。
これをプロのブレンダーさんが異ならない様にしっかりと選別し基準に合うようにしっかりブレンドされるのです。
そうすることによって同じ茶葉の品質の良さ・価格を安定にしたものが「ブレンドティ」の本来の定義とも言えますね。

-紅茶の基礎知識まとめ

Copyright© おすすめ紅茶ちゃんねる , 2019 All Rights Reserved.