紅茶雑学

【効果】ローズヒップティーが女性に人気のワケに迫る!

更新日:

rosehip

ローズヒップティーの効果について

近年、ローズヒップティーが女性に大人気ですね。

ローズヒップティーが女性に支持される1番の理由は、「ビタミンC」が豊富に入っており美容効果が期待できる点です。

お茶タイプの商品だけでなく、ローションタイプの商品やローズヒップが配合されているプラセンタサプリも手軽に飲めるということで、ネット通販で話題になっていますね。

ヒップ=バラの実に含まれるビタミンCは100g辺り400mgで、このビタミンCの多さはアセロラの100g中1000mgに次ぐ含有量であり、「ビタミンCの爆弾」と言う異名を取るのも納得でしょう。

ちなみに、第二次世界大戦中のビタミンC不足を補うために、英国政府が家庭のヒップの採取を奨励したという逸話がありますが、納得の経緯です。

加えて、自然食品中に含有されるビタミンCは常にビタミンPと共有しているので熱に強いという特徴がありますので、熱々の紅茶にヒップをブレンドしてもビタミンCが損なわれるという事はないそうです。

このビタミンCには、抗酸化作用やメラニン色素の抑制、さらにはタンパク質や鉄と結びついてのコラーゲンの増産、皮脂分泌の抑制など数々な効果があると言われているので、肌の老化やシミ予防、肌の弾力強化、毛穴の抑制など、女性にとっての肌の悩みのいくつかを解消してくれる効果があります。

そのためビタミンCが豊富に含まれる、このローズヒップティーは、女性が陥りがちな肌の悩みにとても有効であると言えます。

しかしながら、いくらビタミンcが豊富だからと言って、ローズヒップティーを過剰に摂取してしまうのは考えものです。

過ぎたるは及ばざるがごとしと言われるように、ローズヒップの過剰摂取で血栓症になったり、アレルギーを引き起こしてしまうなどの具体的症例もいくつか報告されているのです。

ローズヒップティーは薬として服用を意識するのではなく、日常の中の習慣として摂取を心がけて、常時適量を意識するのが一番良いのかもしれませんし、何よりもローズヒップティー自体が自身の好みに合うかが一番重要なポイントです。

スポンサーリンク

そもそもローズヒップとは!?

ローズヒップとは、バラ科の植物の果実のことで、特にヨーロッパで採れるイヌバラ(ドッグローズ)の実と、東アジアに分布するハマナスの実が、ローズヒップに向いていると言われています。

アセロラの風味がして、豊富なビタミンCが特に有名ですが、それ以外にもビタミン!、鉄分、βカロテン、カルシウム、リコピン、マンガン、ビタミンB1、ビタミンB2、ナトリウムなどが豊富に含まれています。

市販のローズヒップには、粗く砕いたシェルカット、より細かく粒状に砕いたファインカット、完全に粉末状に砕いたパウダータイプが存在して、それぞれ抽出方法や使用用途が異なるので注意が必要です。

日本でローズヒップの栽培に熱心なのは北海道で、政府主導の雇用創出事業の一環として、ハマナスを使ったローズヒップの栽培に取り組んでいて、海外産の物より肉厚が厚いとされています。

ローズヒップティーはどんな人におすすめなの!?

上記に書いたように、ローズヒップには複数の栄養素が豊富に含まれていますので、一度に栄養素を一気に補充したい人や、中々栄養を取る時間がなくて忙しい方、貧血や体調不良に悩む人が補助的なサプリ感覚で摂取するのがオススメです。

具体的には、仕事や学生生活が多忙を極めて栄養補給がままならず、体内の栄養がどうしても不足がちになりそうな場合の人――、とりわけ美容や健康、容姿を気にしがちな女性が、これに該当します。

特に女性の場合は妊娠~授乳の時期にかけて、多くの栄養素が長期間にわたって不足になりがちですので、ローズヒップティーで定期的な栄養補給をするというのも一つの手と言えます。

実際、多くのネットサイトでは、ローズヒップティーは妊婦さんやママさんの栄養補給剤的な位置づけがなされていて、妊娠~授乳期の特効薬として、さかんに宣伝されています。

飲み方について

ローズヒップティーの風味は、上記のようにアセロラ系と呼べるものですので、ローズヒップ自体にクセのようなものはなく、従って温めてても冷やしても飲用できるために、年中持続して飲めるという強みがありますが、

クセがないために物足らないという人の場合は、例えば蜂蜜を足して甘さを強化したり、他のハーブティーとブレンドをして、香りが楽しめるフレーバーティーで味わうなど、カスタムメイドをしている上級者もいるようです。

ただ、栄養補給の面からローズヒップティーを飲む場合には、一つ注意しなければならないことがあり、それはティーだけでなく抽出して残った出がらしにも相当量の栄養が残存していることで、

ティーに溶け込んでいるのは大体4割(ビタミンC以外はもっと低い)ほどと言われているので、完全にローズヒップの栄養を摂取したいと思うのであれば、実の状態のローズヒップをジャムにしたりするなど、いろいろと工夫する必要があります。

ローズヒップティーは、紫外線対策にオススメ?

ローズヒップティーは、その豊富な栄養面のおかげで女性にとっては深刻な悩みの一つである、直射日光による紫外線が引き起こす肌荒れに対して、非常に有効であると言われています。

特に有効とされているのが、ローズヒップティーに多く含まれているビタミンCであり、紫外線によって発生するシミ(原因のメラニン)の発生を抑制して、すぐに目立たなくする働きがあります。

また、ビタミンC以外のビタミン(A・B・Pなど)とリコピンには、高い抗酸化作用もあるので、紫外線によって発生するシミだけでなく、肌荒れの方にも十分な効能があります。

日差しが強そうな日などに外出するときには、起床後から出かける前までに、ローズヒップティーを一杯飲んでからから外出すると、その日一日の紫外線によるダメージを減らせることができるでしょう。

価格帯はどれくらい??

ローズヒップティーのお値段は、当然グラム数によって変動しますが、量り売りの場合は数百円から、セット売りになると数千円となり、高額になるほど無農薬や特典付などオプションがつくのが相場です。

ローズヒップ自体がほとんど輸入品であるのですが、効能や効果が有名に知られるようになったため、個人輸入や大手による改良の買い付けによって、価格は据え置かれているのが現状です。

上記のように現在は、さまざまなオプションをつけることで売り手側は価格の差別化を図っているようで、例えば無農薬と謳っているものは栽培されているものではなく、自生している野生種であることが多いです。

-紅茶雑学

Copyright© おすすめ紅茶ちゃんねる , 2019 All Rights Reserved.