紅茶雑学

【効果】ラズベリーリーフティーを飲む時に気をつけるべき事について

更新日:

raspberri

ラズベリーリーフティーとは!?

ラズベリーリーフティーは、「ヨーロッパキイチゴ」の葉を乾燥させたもので、「安産のお茶」の異名をとるほど、妊娠中の女性にとても効果があると言われています。

ラズベリーリーフティーの主な有効成分は、ラズベリーの茶葉を構成する色素のフラガリンと呼ばれるポリフェノールであり、

これは子宮や骨盤の筋肉を収縮させて正常に保つ働きを促進してくれる役割があります。

他には、どんな効果があるの?

matani他には、出産時の分娩を楽にしてくれる効果があります。

ですが、妊娠直後で着床していない初期の段階では、このフラガリンによる子宮の収縮効果は流産を引き起こす原因となりますので、服用は控えるようにしましょう。

妊娠してからおよそ32週目の後期ごろから少量ずつ服用するのが一般的です。

妊娠中の女性に対してラズベリーリーフティーの効果として、もう一つ挙げられるのは、

葉酸(ビタミンBの一種)の摂取を増加させることで、先天異常とされる二分脊椎の神経管閉鎖障害に対して妊娠中の発症リスクを抑えられるというものです。

これは平成12年に厚生労働省から通知が出され、科学的にも証明されています。

ラズベリーリーフティーは、出産後の母乳の質のを向上させる効果もあるようです。

赤ちゃん側のメリット
母乳育児で子育てを行い場合に、乳児や母親にどのようなメリットが存在すると思いますか?

母乳は、乳幼児のために成分調整された栄養飲料であると言えます。

完璧な栄養の配合(ミネラルや脂肪、ビタミン類)に加えて、タンパク質(ラクトフェリン)は腸内の鉄分と結びついて、善玉の腸内細菌を活性化してくれます。

さらに言えば、出産から2~3日間しか出ない「初乳」には免疫物質が含まれているので、例えミルクで育てるという場合でも、せめて出産後2~3日は母乳を含ませると良いでしょう。

また、母乳は脂肪分が多く甘味も強いので、乳児は必要以上に母乳を摂取しようとはしません。

ですので、適量で飲むこと止めるため、ミルクと違って過剰摂取のリスクが少なく、結果として肥満になりにくいのです。

スポンサーリンク

お母さん側のメリット
お母さん側のメリットで、まず真っ先に考えられるのはコスト面で、年間平均で6万円のミルク代を節約できます。

何割かを自身の食事代=母乳代に回すことができるというメリットもあり、他には母体内部のホルモンバランスの変化がもたらされることで、

エストロゲンの減少によって乳がんのリスクを低下させたり、オキシトシンの分泌によって子宮の回復がより促進されるなどの効果があると言われています。

さらには母乳に脂肪をとられるので、ダイエット効果も期待できるのである。

お母さん側のデメリット
対してデメリットは、これは社会的要因が大きく、特に働いている女性の場合は仕事の都合上授乳の時間を作ることや外出時の授乳室が見つけることが難しいといった側面があるが、

母乳提供者である母親自身も、日々の食事にも気を付けなければならないばかりか、母乳が引き起こす乳腺炎や乳頭の傷・炎症・マメのトラブルなどにも早急な対応が必要で、

特に乳首関係のトラブルは、精神的な負担にもつながって、育児自体が非常におっくうなものになってしまう原因となってしまうリスクを孕んでいる。

わが身あってこその子育てですので、いくら母乳が重要と言っても、社会的環境が整っていなければミルクによる子育てもやむを得ないかもしれないので、自身の子育ての環境を十二分にシュミレーションする必要があるでしょう。

ラズベリーリーフティーで注意すべきこと

raspberrychui妊娠初期以外にも、例えば帝王切開や逆子、早産、高血圧のリスクがある場合は合併症の併発を避ける意味でも服用は慎まなければいけません。

ラズベリーリーフティーを服用する際は以下の事にも注意する必要があります。

ラズベリーリーフティーの風味が自身の好みに合うか、そして体に合うかどうかをしっかり判断して、服用するようにしましょう。

妊娠中のマテ茶は避けましょう!

matehabuハーブティーはミネラル補給にとても良いという事で、特に女性層に絶大な人気がありますが、実はそのハーブティーも状況によっては摂取を控えるべきものも存在している。

例えば、某コ○コーラ社の商品投入で一躍有名となったマテ茶などは、別名「飲むサラダ」と異名をとるほどミネラル分が豊富なハーブティーであるが、

含有しているカフェインがとある状況ではネックとなってくると言われていて、それが女性の妊娠中から子育ての授乳期であり、この時期にカフェインを大量に摂取してしまうと、

カルシウムや鉄分の吸収阻害や、アドレナリン増量による胎児への血流量の低下、さらには流産の危険性もあると言われている。

それではマテ茶にどれだけカフェインがあるかというと、150ミリリットル中15ミリグラムといわれていて、

玄米茶や番茶と同程度、カフェインの代名詞であるコーヒーの約4分の1程度と言われているのだが、体に良いからとガブ飲みしてしまえば、

当然蓄積されるカフェインの摂取量も増えるわけで、規定量の100ミリグラムの摂取に抑えるということも、実生活ではボーダーの見極めが難しく、リスクを考慮するなら摂取しない方が無難であろう。

別にマテ茶がないと死ぬということでもないので、妊娠~授乳期間は、よりリスクの少ないハーブティー(ラズベリーリーフやローズヒップ、ジンジャー)にチェンジしてみるのも良いかもしれない。

一日の適量は?飲み過ぎはNG?

cwmokxラズベリーリーフティーの飲む適量は、大体1日カップ2杯が目安です。

ラズベリーリーフティーをついつい飲みすぎた場合でも、健康に著しい害をもたらす事はございません。

ミネラル摂取による利尿作用の促進効果によって、トイレが近くなってしまったという報告が散見されており、おなかに胎児を抱えた妊婦はトイレに一度行くだけでも結構な負担となるので、

例え副作用がないラズベリーリーフティーといえど、飲みすぎはよくありません。

妊娠してない人が、飲んでも大丈夫なの!?

poewmラズベリーリーフティーは、妊婦さん専用飲料というわけではありません。

妊娠をしていない女性が日常的に飲まれても、効能や効果はあります。

まず、女性特有の悩みである生理痛にも効果があり、生理痛の原因である筋肉のけいれん状態を緩和してくれる効果があります。

他には腎臓のデトックス効果があり、カルシウムヤリン、鉄分などの豊富なミネラル分によって利尿作用を促し、これが腎機能の促進や機能強化につながります。

さらには、この豊富なミネラルは血液の浄化・機能強化も行っているが、加えて女性ホルモンの分泌低下による更年期障害にも効果があります。

含有されている植物エストロゲン(聞きなれた言葉だと大豆に多くあるイソフラボンなど)が体内の女性ホルモンに働きかけを行って、更年期障害を緩和してくれる効果も期待できます。

ラズベリーリーフティーの価格帯は?

ruibosuラズベリーリーフティーは、茶葉の状態で袋詰めされたものと、ティーバッグに加工された物があります。

茶葉の状態の物は数百円から売られていますが、ラズベリーリーフティーを主に使用する妊娠後期の状態を鑑みた場合、

飲む前の準備や、飲んだ後の後片づけの手間を考えれば、

多少高くても1000円台のティーバッグに加工された物を購入する方が、身体に余計な負担をかけなくて済みます。

ラズベリーリーフティーを飲む際は、できるだけ妊娠中の身体に負担をかけないことを考えましょう。

お茶の効果を最大限に引き出して、健全な出産に臨みましょう。

一緒に読まれているページ

アメリカのラズベリーリーフティー飲んでみた

ローズヒップティーとは?

ルイボスティーとは?

-紅茶雑学

Copyright© おすすめ紅茶ちゃんねる , 2018 All Rights Reserved.