紅茶雑学

紅茶の等級について理解してますか?最高級の茶葉はこうやって決まる!

更新日:

koukyu


紅茶には実は「等級」があります。
といっても、品質などのランク付けではありません。
茶葉のカッティングの細かさやどの部位かを表す言葉に過ぎないのです。
この等級はパーケージにも表示されていますが、正直言って暗号にしか見えず、知らなければ何のことやらわからないことでしょう。
実はこの等級は元々は業界関係者が仲間内で使用するものであり、各地域によってその基準が曖昧で、現在に至っても国際的な統一基準が存在しないと言う、非常にややこしいものです。
そのため、厳密にはこれを知らなくても、何問題もありません。
しかし、より詳細に知っておくと得になることがあります。
それは茶葉の大きさや形状を把握できるので、抽出の時間を見たてたり、味わいの予測が出来るといったものです。
この等級による名称は、実は製法によっても異なっています。これから紹介する等級は「オーソドックス方式」と呼ばれる主要な茶葉生産地で用いられる製茶法で作られた茶葉の名称であることを先に考慮してください。
最近では、ctc(Crush Tear Curl・潰す 千切る 丸める)製法と呼ばれる、より短時間で紅茶を抽出する方法がケニアやアッサムで台頭しており、CTC方式では「等級」が存在しないのです。

まず最初に、茶葉の存在場所によって異なる等級について紹介しましょう。
みなさんは茶摘みにもちゃんとしたセオリーがある事を御存知ですか?
手で摘むのだから大体適当だと思っているなら大間違い、ちゃんとルールがあるのです。
茶摘みは、「1芯2葉摘み」(新芽とその下に生える若葉2枚)を積むことが基本とされていて、摘まれた部位の一つ一つに名称がつけられています。

FOP(Flowery Orange Pekoe)はフラワリ-・オレンジペコと読む、新芽を表し、花のような香りがあるのでフラワリーと言う文言があります。
紅茶の茶葉の新芽は「ゴールデンティプス」とも呼ばれ、その量によって紅茶の良し悪しを左右する位の重要な部位ですが、希少でもあるために新芽が豊富な茶葉は当然高級品となっています。

OP(Orange Pekoe)オレンジペコと読んで、新芽の下の一番目の葉を指します。
何故オレンジと言う名称があるのかと言えば、此処までの茶葉を抽出するとオレンジ色に近い鮮やかな色合いをしているからです。
よくこの名前がついた紅茶の商品名が売られていますが、正確にはオレンジペコの茶葉を複数ブレンドした紅茶を意味しています。

P(Pekoe)はペコと読み、オレンジペコの下に生える2番目の茶葉ですが、なぜペコと呼ばれるかと言うと紅茶の起源である中国の産毛(白蒙)のペーコーからきていると思われます。
茶葉の新芽などに見られるビロードの産毛のことですね。
ペコから、抽出の色はオレンジから水色を帯び、葉っぱも一番大きなものです。

PS(Pekoe Souchong)はペコスーチョンと読み、通常摘まれる一番最後の葉っぱです。
大きさはペコよりやや小さく、意外にも色ヤコクは淡泊です。

S(Soudhong)はスーチョンと読み、ペコスーチョンのさらに下の茶葉ですが、通常ではまず摘まれることはなく、一部の中国茶のみに用いられるのみです。
ちなみにスーチョンは中国語で「小さい植物」を指し、元はお茶のみならず植物全体を指していました。

さて、次はカッティングや大きさで区分けされた等級ですが、これらとても細分化されているだけでなく、基準もバラバラなので、あくまで目安程度と思って下さい。

D(Dust)はダストと読み、茶葉の中で一番細かく粉末に近い状態です。
ティーバッグ系は全てこれだと思って下さい。

F(Fannings)はファニングスと読み、ダストより一回り大きな状態です。
ファニングスは元は扇子で扇ぐという意味ですが、紅茶的にはふるいにかけるを意味しています。
ふるいにかけて残った茶葉なんですね。

B(Broken)はブロークンと読み、文字通り請われる=バラバラにされた茶葉で、ファニングスよりも大きめです。
通常はこれのみでは使用されず、BOP(ブロークンオレンジペコ)やFBOP(フラワリーブロークンオレンジペコ)のように茶葉の名称に付属する形で用いられます。

問題なのは、ブロークンやファニングスが付属したものの大きさが統一されていないことで、同じ表記でも大きさが違っていたり、異なる表記が付属しているのに同じであったりすることがるので、ブロークンやファニングス辺りは、極めてあいまいだと認識しておいてください。

-紅茶雑学

Copyright© おすすめ紅茶ちゃんねる , 2019 All Rights Reserved.