アメリカ

【アメリカ紅茶シリーズ】リプトン グリーンティー スーパーフルーツ

更新日:

おすすめ

リプトン グリーンティー スーパーフルーツ

日本でリプトンといえば、コンビニで売っているようなミルクティーやレモンティーが想像されますが、リプトン大好き国アメリカでは日本にはないフレーバーもたくさん見られます。

今回は、アメリカの定番スーパー『ウォルマート』で日本にはないフレーバー『グリーンティー スーパーフルーツ』を見つけましたしたので紹介していきます。

緑茶がなんだか大変なことになっています(笑)

※緑茶は海外ではグリーンティーと言います※

一体、どんな味がするのでしょうか!?

新しい世界が開けることを期待してしまいます。

スポンサーリンク

パッケージ

リプトンらしい爽やかな装丁ですね。

リプトンのグリーンティー・シリーズは全て、緑ベースのパッケージになっています。

開封

リプトンのパッケージは、どこから開けるのかがわかりやすくて好きです。

お菓子でもお茶でも、アメリカではそうでないパッケージが多いので。

ティーバッグの個包装もグリーン基調です。

茶葉

細かい緑色の茶葉が緑茶のようですね。

そしてこの白い長方形のつぶつぶが、成分表に記載されていたドラゴンフルーツの果汁でしょうか?

香りを嗅いでみましたが、ほとんど緑茶でほんの少しフルーティーな香りが混ざっているかな?といった程度。

パッケージの表記によればアイスティーにもできるみたいですが、今回は沸かし立ての熱いお湯で淹れてみましょう。

淹れたお茶の色も、ほとんど緑茶です(笑)

でも、茶葉の段階では全然主張してこなかったアサイーとドラゴンフルーツとメロンがここにきて存在感を発揮しています!緑茶よりもフルーツの香りが強い!

おそるおそる飲んでみると…

緑茶にほんのり甘みを足した味で、まあ想像していたような味でした(笑)

食通の人なら区別できるのかもしれませんが、私はアサイーとドラゴンフルーツとメロンの区別はできず。

決して不味くはありません!甘みといってもフルーツの香りといった程度なので、上手い具合に緑茶の渋みと調和しています。

6年ほど前にイギリスで飲んだ、砂糖のたっぷり入ったペットボトルの緑茶に比べれば、お上品な味と言ってもいいくらいです。

でも正直なところ、そんなに美味しくもないです(笑

発想は面白いけど・・

おそらくアメリカの人の発想としては、「紅茶に砂糖を入れるのだから緑茶に甘みを足しても良いだろう」ということなのでしょうが。

日本人としては、そこはやっぱり別々にしてほしいなあと思ってしまいました。

やっぱ緑茶は渋いからこそ緑茶でしょ!

ミルクを入れてみようかとも思ったのですが、明らかに緑茶には合わないのでやめておきました。

リプトンにはこの他にも、オレンジ・パッションフルーツ・ジャスミン・グリーンティーや、ホワイトマンゴスチン・ピーチ・グリーンティーなどといった緑茶ベースのお茶がたくさんあります。

最近アメリカでも緑茶の人気が高まっているからでしょうね。

ちょっとした話のタネに、1度買ってみる分には良いかもしれません。

でも、個人的には2回目はないかな・・(笑)

この次にリプトンを買うときは、アップル・シナモンティーあたりの無難な味にしようと思います。

-アメリカ

Copyright© おすすめ紅茶ちゃんねる , 2018 All Rights Reserved.