ドイツ

【ドイツ紅茶シリーズ】Apfelstrudel(アプフェルシュテュルーデル)

更新日:


アプフェルシュトゥルーデルとは?

こんにちは!ドイツよりケーキ・フルーツ系の紅茶をこれから紹介させて頂きます。

第一弾として、アプフェルシュトゥルーデル紅茶を購入してみました。

アプフェル(独:Apfel、英:Apple、つまりアップル)とシュテュルーデル(渦巻き)という単語の組み合わせですが、実はドイツ・オーストリアで由緒のあるケーキの種類なのです。

アップルパイを渦巻状にしたというだけでなく(そう説明するとドイツ人に怒られそうですね)、生地や製造工程も大きく異なります。

歴史と辿ると17世紀からのお菓子だそうです。写真にあるケーキのイラストをみただけでも、一度は食べてみたいなと思ってしまいますね。

ドイツ・オーストリアのカフェに訪れた際には、お試し必須なケーキ、それがアプフェルシュトゥルーデルです。そのケーキの風味をもった紅茶を今回紹介させて頂きます。

スポンサーリンク

購入してみました!

今回は、Meßmer社のアプフェルシュトゥルーデル紅茶を購入しました。
1袋2.25g 18個入りで、お値段は2.25ユーロ(約275円)です。

ドイツのスーパーでは平均より若干高めですね。

他にも同様のカテゴリーの商品がありますので、次回以降紹介させて頂きます。

なお、パッケージをみて気付きましたが、Neu(英語のNew)とあるので、新商品だったかもしれません。

茶葉について


まず、ティーバッグを開ける前から既にアップルシュトゥルーデルの香りが箱にあふれていました。

そんな茶葉ですが、開封してみると、細かく砕かれた3~5つ程度の茶色の葉が入っていました。

濃い茶色のものから薄い茶色のものまであり、また、中には白い玉のようなものも入っております。

成分の32%が林檎果実と記載されているので、おそらく粒状のドライフルーツの形で混ざっていると思います。

紅茶を入れてみました!

まず、パッケージに記載されているお茶の入れ方ですが、100度の熱湯をカップ一杯に注ぎ、5~8分待つだけです。もしくはティーバッグ4つを用いて1リットルのティーポットに熱湯を注ぐ方法でも大丈夫です。

お茶の香りは上品なケーキの香りで、アプフェルシュトゥルーデルの香りを良く再現していると思います。

お茶の色は普通の紅茶よりもやや淡い茶色です。味自体は、甘味や苦味などはなく、やや控え目な紅茶ですが、香りとの相乗効果もあって、旨味を感じることができると思います。

やはり、香りがこの紅茶の一番の特徴だと思います。日本では珍しい香りの紅茶で、上品な香りだけでもしばらくは楽しめそうです。1mくらい離れていても香りは届きます(笑)

ミルクティーを試してみた。


お味は、、、個人の好みかもしれませんが、、もともと淡い味がさらに淡くなったような気がします。

とはいっても、上品な香りはやはり残っているので、お好みだと思います。個人的には60点ですね(汗)

ちなみに、ドイツ人のルームメートに聞いてみたところ、普通はストレートで飲むことが多いようです。

今回のアプフェルシュトゥルーデルは、いかにもドイツ風な紅茶といったところですが、日本人の口に幅広く合う紅茶だと思います。

もしご出張・ご旅行された際には、ケーキと違って紅茶は持ち帰りが可能ですので、是非お土産としてご家庭・職場にいかがでしょうか?

執筆:ヤマヒロシ

-ドイツ

Copyright© おすすめ紅茶ちゃんねる , 2019 All Rights Reserved.