フランス

【フランス紅茶】LES 2 MARMOTTES, DÉTOX ET VOUS 有機ハーブティーレビュー

更新日:


パッケージがカワイイ、フランスのハーブティー

フランスでは、『おなかが痛い時、寝つきが悪い時、気分がすぐれない時』など、簡単な症状を改善する“家庭の医学”のような位置づけでハーブティーがよく飲まれています。

今回ご紹介するお茶は、今までの”家庭の医学”レベルを少し超えた、デトックスに焦点を当てたハーブティーです。

原料の栽培から製品の製造に至るまで、全て一貫してフランス南東部の街で行われている、100%メイド・イン・フランスの製品。

品質にこだわりぬいたハーブティーが簡単に楽しめるとして、フランス人たちの間ではかなりメジャーなハーブティーのメーカーなのです。

スポンサーリンク

パッケージ

2匹のモルモットのイラストが描かれているパッケージは、とても可愛らしくて目を引きます。

このお茶のシリーズは30種類以上もあり、全ての箱の色が違っているので、たくさんそろえて部屋に置くと可愛いですね。

また、パッケージのあちこちにメイド・イン・フランスを示すためのフランスの国旗が小さく印刷されています。

フランスに旅行した際の、日本へのお土産にも重宝しそうです。

茶葉

茶葉は多くのハーブティー同様、乾燥したハーブがそのまま使われております。

配合

ウコン
ローズマリー
レモングラス
シナモン
レモンピール

配合の内訳は、ウコン35%、その他のハーブについては特に記載がされていません。

よく見てみると、茶葉の中に黄土色の砂粒の様なものがあります。

これだけ取り出して食べてみたら、ウコンの塊だという事が分かりました。

成分表示欄にはウコンについて「肝臓と胆汁の働きを助ける」と書かれています。

味は!?

このお茶を一言で表すとしたら、「ウコンの力」です(笑)

35%も配合されているウコンはかなりの存在感があり、湯を注いだ瞬間からウコンの華やかな香りが辺りに漂います。

「ウコンの力」が二日酔いに聞くと言われているように、ウコンには体内の毒素を排出する助けをすると言われています。

というのもウコンには、肝臓という私たちの体の血液をろ過する器官を保護する働きがあるからです。

ウコンは、毒をろ過するフィルターを強化してくれるとイメージするとわかりやすいかと思います。

飲んでみると、味のファーストインプレッションもウコンです。

あとから、ほんのりとシナモンのスパイシー感、レモングラスやレモンピールの清涼感がやって来て、後味はとてもすっきりしています。

また、ローズマリーのほろ苦く、ほんのりと甘い香りの余韻がほのかに残ります。

水色は、鮮やかな黄金色です。
これもウコンの色合いが強く出ているのでしょう。

今回は指定された通り100℃の湯で5分間待ったのですが、これ以上の長時間置いておいても、さらに色が濃くなるということはありませんでした。

5分でウコンの成分はほとんど抽出されたという事でしょう。

飲む際の注意点

ハーブティーは食後や寝る前などのリラックスしたいときに飲むのが一般的です。

しかし、このハーブティーの効能であるデトックスや、ウコンの華やかな香りを考慮すると、二日酔い明けの朝や、疲れがたまった昼下がりなど、時間帯を選ぶことなく飲むことができると思います。

味の観点から言うと、甘いものからしょっぱいものまで、間食から食事まで合わせることができるようなすっきりとした味わいですので、様々なシーンで重宝することでしょう。

しかし、一点注意しなければならないのが、ウコンは体内に蓄積しやすいため肝臓機能が著しく弱っている場合には過度な摂取をしないようにすることです。

この製品のパッケージにも、1日3杯、連続して15日以上の飲用は避けるようにと書かれています。

ヌーディスト美術館に26000人が殺到!!

フランスと言えば芸術の国!芸術と一括りに言っても、その中にはバロック芸術から現代芸術まで。

単純に美しいと思えるものから理解に苦しむようなものまで、様々なものがあります。

また、フランスはヌーディストで有名な国でもあります。

この2つのアイデアが、2018年の5月にフュージョンしたのです。

パリにあるパレ・ド・トーキョーという現代美術を専門に扱う美術館で、全ての人が裸で技術を鑑賞する日が一日だけ設けられたのです。

161人の定員に殺到した応募数は、なんと26000人

フランスでのヌーディズムの人気の高さを窺い知ることのできる数字です。

フランスでは美術館だけでなく、南仏ではヌーディストビーチもあります。

一般に想像されるような卑猥なものでは決してなく、あくまで自然体で自然を楽しむという事がコンセプトであるそうです。

今回紹介したハーブティーのように、デトックスしたキレイな体で、芸術や自然を心から満喫するなんて、とっても”フランスらしいなぁ”と思ってしまいます。

-フランス

Copyright© おすすめ紅茶ちゃんねる , 2018 All Rights Reserved.