フランス

【フランス紅茶】Carrefour(カルフール)BIO ダージリンレビュー

更新日:

Carrefour(カルフール)BIO ダージリン

最近では日本でもBIO(オーガニック)製品がスーパーなどで見られるようになりました。

フランスではBIO製品のみを売ってるお店や、通常のスーパーでもBIOのコーナーが必ずあります。

今回紹介する紅茶は、フランス全土にあるCarrefour(カルフール)マーケットの自社ブランドでかつオーガニックマークのついているダージリン紅茶です。

価格は、一箱に20袋入り約2€(日本円300円程)です。

パッケージは”BIO”と大きく書かれていて、箱もシンプルな色でまとめられています。

オーガニックのイメージカラーでもある緑が使われているのが特徴です。

上記の画像の左下にあるAB(Agriculture Biologique)ラベルがついているものはBIO(オーガニック)で、紅茶だけでなくお菓子、小麦粉、お肉、フルーツなど本当になんでもあります。

このラベルがついているのは一定の規定をちゃんと守った製品のみです。

年々、BIOコーナーの品揃えもよくなり、フランスでもほとんどの人がこのラベルを知っていて、認知度もとても高いです。

スポンサーリンク

パッケージ

”このオーガニック紅茶はインドで栽培、収穫されスペインで調整された紅茶です。IGPによって品質を保証されています”とあります。

中のパッケージはとってもシンプルです。

BIO製品はやはり通常のものよりもお値段が10%〜15%程高くなるのですが、パッケージをシンプルにし、コストを押さえているのかなと思います。

茶葉

配合

インド産 オーガニックダージリン茶葉 100%

味は!?

通常の紅茶よりも色は薄いのかなというのが最初の印象です。

気になる味はというと、ブラックティー本来のしっかりとした味わいですが、苦みもクセもなくとても飲みやすいです。

イングリッシュブレックファーストのようなよく飲まれる紅茶と同様、あまり好き嫌いがでない味の紅茶かなと思います。

BIOだからといって味に差がでることもなく、通常の紅茶と変わりがない上にお値段もそんなに高くなく、体に良いものを飲めるのでオススメです!

フランスの朝食といえば!

今回はフランスの朝食の定番!パン・オ・ショコラと一緒にいただきました。

紅茶のみであればお砂糖を少しいれてもマイルドになっておいしいと思いますが、お供にチョコレートのパンがあったので今回はお砂糖はいれず、ミルクのみを少し足してミルクティーにしてみました!

パン・オ・ショコラのバターとチョコの甘さとダージリンのくせのない感じがとってもよく合います!

フランス人は朝に甘いものしか食べません。なのでビスケット等もよく食べます。

オマケで私のオススメのビスケットをご紹介させていただきます。

LUマークのお菓子はどれもおいしいですが、これはビスケットの上にダークチョコがのっていて、最高においしいですし、紅茶ともとっても相性がいいです。

こちらの人は紅茶やコーヒーにビスケットをひたして食べることもあります。

カフェで紅茶を頼むと必ず小さなビスケットやチョコレートが一緒についてくるんですよ。

お値段も200円ほどなのでフランスのスーパーでぜひ探してみてください!

他にもたくさん種類があるので、お土産にもオススメです♪

-フランス

Copyright© おすすめ紅茶ちゃんねる , 2018 All Rights Reserved.